医師が美容皮膚科の求人に応募する時の注意点

コミュニケーション能力は必須

面接では話し過ぎないコミュニケーション能力は必須カウンセリングのスキルも必要

経験のない方が応募する場合は、まずコミュニケーションの能力をアピールしましょう。
医師としての能力も大切です。
しかし、それ以上に大切なことは、患者さんとの信頼関係を作れることです。
その基礎になるのが、コミュニケーションの能力です。
また同僚の医師と協力して働くのに必要になるのも、コミュニケーションの能力です。
経験がないので、同僚の医師からいろいろなことを教えてもらわなければなりません。
同僚のアドバイスや助言を素直に受け入れることが求められます。
これらのことも面接で調べられるので、十分に注意してそれを受けるようにしましょう。
未経験の方は、採用された後に勉強を始める意欲も問われます。
美容外科の仕事は、手術が多いです。
それを着実に行っていくことが必要です。
外科や形成外科の仕事をしている方だったら、手術の仕方を覚えるのはそれほど難しくありません。
しかし、この分野では、新しい技術が次々と導入されています。
それを貪欲に吸収していくことが求められます。
それから、未経験の方だったら、自分よりの若い医師から指導を受けることがあります。
そのような場合でも、謙虚に指導を受けられることを、面接の時に納得してもらうようにしましょう。
医師は自分の仕事で先生として崇め奉られている面があります。
しかし、美容皮膚科の仕事を新しく始める場合は、そのような特権的な地位を捨てなければなりません。